◆『小規模事業者持続化補助金制度』はご存知でしょうか?


補助金の対象となる業種


※医師、歯科医師、助産師、一般社団法人、学校法人、宗教法人は対象外です

*補助金は後払いです。
小規模事業者持続化補助金は2つの審査を通過して、初めて交付されます。

最初に審査の対象となるのが、申請時に提出する【事業計画書】

具体的にどんな事業(販促)で集客UP・売上UPを達成するのかを、国の役人に納得してもらう必要があります。
※一般的に、審査を通過できるのは3割程度だといわれています

次に審査の対象となるのが【実績報告書】

申請時に提出した事業計画書の内容どおりに販促活動を遂行できたかどうかを報告書にまとめて提出します。仮に事業計画書の内容が素晴らしく、最初の審査に通過できたとしても、実際にその事業計画どおりに遂行できなければ補助金は支払われない、または減額されることがあります。

— ◆ — ◆ — ◆ —

◆『小冊子集客仕組みづくり』まとめてパック

アート印刷では、補助金の申請書類の作成代行と併せて、小冊子の企画、原稿執筆、印刷・製本までを総合的にサポートするサービスを始めました。

ご提供するサービス

1)小冊子から始まる集客の仕組みづくりのコンサルティング・企画

2)小冊子/表紙の制作&本文の原稿執筆(ゴーストライティング)

3)小冊子/印刷製本

 

※小規模事業者持続化補助金の申請書類の作成代行費(¥38,500)は、補助金の適用外となるため、別途請求させていただくことになります。

●こんな方オススメ

  • 小冊子をつくりたいと思って、自力で原稿づくりに挑戦してみたけど途中で行き詰ってしまい、中断したまま放置してしまっている方
  • 小冊子を活用した集客の仕組みを構築したい方
  • 忙しい自分の代わりに、小冊子づくりの全工程(企画~原稿執筆~印刷製本)を代行してほしい方

【補助金&小冊子まとめてパック】メリット

弊社はこれまでに800点を超える小冊子を作成してきました。

小冊子が完成するまでには大きく3つの工程があります。

小冊子をつくる目的やターゲット設定のほか、完成した後の配布方法や活用方法を決めます。

小冊子で取り扱うテーマを決め、章立て(目次)を設定して執筆作業に取り組みます。

完成したデータを使って印刷・製本をします。


これまで弊社では、第2段階【執筆】のサポートを重点的に行ってきました。

ただ最近では、

「小冊子をどのように集客に結び付けるのか?具体的な小冊子の使い方を教えて欲しい」

「小冊子からスタートする顧客育成の仕組みづくりを手伝ってほしい」

という第1段階【企画】に関するお問い合わせ・相談が大半を占めるようになっています。

 

そこで、小冊子が完成した後の有効な活用方法を確立してもらうため、ダイレクト出版 認定セールスライターでマーケティングの仕組みづくりの専門家・吉田知也さんとも連携して、お客様をコンサルしていきたいと考えています。
*吉田知也さんのプロフィールはこちら→https://studio-rice.com/about/

 

小冊子をいつ、だれに、どのように配布して、どんな行動を起こしてもらうのか? 

事業計画書に明記して審査を通すことが、より説得力のある小冊子集客の仕組みづくりをお客様にご提案できることになると考えています。

— ◆ — ◆ — ◆ —

◆小冊子集客・個別なんでも無料相談開催しています


補助金を活用して小冊子を作ってみたいあなたのための

「小冊子集客・個別なんでも無料相談」
開催します!



●お申し込み方法

個別相談をご希望の方は、以下の「事前アンケートに回答する」ボタンから、お申し込みのための事前アンケートにご記入のうえ、ご送信ください。折り返しメールにて、ご相談日の調整などを行います。


▶︎ご注意

*「小規模事業者持続化補助金」の申請締切日の1ヵ月前には手続きを開始できるよう、準備しておきましょう。

●次回の締切日:令和2年8月7日(金)
●次々回の締切日:令和2年10月2日(金)

申請書類の作成には2〜3週間ほど時間がかかります


●補助金の申請~小冊子の作成~補助金の交付までの主な流れ●

  1. 公募が始まったら「補助金を使って小冊子をつくりたい!」旨のご連絡を電話、またはEメールでお知らせください。
    ⇨お電話でのお問い合わせ 087-891-0170
    ⇨メールでのお問い合わせ info@artinsatsu.com
  2. 契約書(申込書)をお送りしますので、内容をご確認下さい。
    「正式に依頼したい」ということでしたら、補助金申請手続き代行費用¥38,500(税込)を弊社指定口座にお振込みください。

    【指定口座】
     三菱UFJ銀行高松中央支店 普通 0597795
     百十四銀行県庁支店 普通 0064129
     ジャパンネット銀行本店営業部 普通 001-7219737
  3. 入金を確認後、申請書類作成のための質問シートをEメールに添付して送信いたしますので、分かる範囲で結構ですのでご記入の上、ご返信下さい。
  4. 記入いただいた質問シートをもとにお客様と意見交換を行いながら、事業計画書を含む申請書類一式を完成させます。
  5. 完成した申請書類は、電子データでお客様へ送信します。
  6. 届いた電子データは、お客様ご自身でプリントアウトし、地元の商工会議所(または商工会)へ持参して受付窓口で内容をチェックしてもらってください。
  7. 記載内容に不備がなければ、申請手続きを進めるのに必要不可欠な書類を商工会議所(または商工会)が発行してくれます。
  8. 商工会議所(または商工会)が発行してくれた書類も含め、指定の申請書類が全て揃ったら補助金事務局に郵送してください
  9. 申請書類は本部(東京)に送られ、内容が審査されます。
  10. 受付の締切日から約2カ月後、審査結果の発表があります。
  11. 審査を通過できたら、事業計画書に沿って販促活動(小冊子づくり)を開始します。
    ※審査を通過できなかった場合は、お客様と相談の上、今後の方針を決定します。
    ※万一、審査に落ちた場合も補助金申請手続き代行費用(¥38,500)の返金には応じかねますので何卒ご了承ください。
    ※審査を通過した場合、成功報酬として¥90,000をいただきます。←成功報酬¥90,000は、コンサルタント費用として販促活動の中で計上するので、補助金で賄えます。
  12. 販促活動の開始から約7カ月後、実際に実施した販促活動の結果を実績報告書として補助金事務局に提出します。
  13. 実績報告書の内容が承認されれば、補助金が交付されます。

「小規模事業者持続化補助金を使った小冊子制作」お申し込みはコチラ◆