<小冊子の執筆コーチ その1>

電話取材をして、あなたの小冊子の目次案を一緒につくります。
納得の目次案が完成すると、停滞していた小冊子づくりが
一気に動き始めます。

詳細はこちらをクリック




<小冊子の執筆コーチ その2>

・目次案を一緒につくります

・小冊子本文の執筆が進むようにお尻叩きメール発信(最長4ヵ月)

・あなたが書いた原稿を読んで改善点をアドバイス

詳細はこちらをクリック



2つの中から、あなたに合った執筆コーチを
お選びください。

動画セミナー
『目次案をつくるコーチ』

動画セミナー
『原稿執筆の鬼コーチ』

<小冊子の執筆コーチ その1>

目次案づくりで手を抜くから、小冊子原稿の執筆が進まない!

ならば、私どもが電話取材から、あなたの小冊子の目次案をつくります。

1年前に「小冊子の原稿を書くぞ!」と決意したけれど、ほとんど書いていない。

その大きな原因は、

・小冊子の設計図となる目次案をつくらないから

・つくった目次案に自信がないから

だから、本文の執筆が進まない……


↑クリックすると画像が大きくなります。

上記の目次、あるいはビジネス書の目次のように、各章のタイトル案と各章の中の小見出し案を考えてWORDに打ち込んで、何度も改善して、「よし、これならお客様が喜んでくれるぞ♪」
と、著者の執筆意欲が高まる目次案を完成させましょう。

私どもが、あなたの目次案づくりをサポートします。

— ◆ — ◆ — ◆ —

◆第三者と力を合わせて目次案をつくるメリット

あなたはその道の専門家、素晴らしい大先生です。

ですが、専門家ならではの欠点があります。素人目線になりきれないのです。

私どもが素人目線であなたに質問します。すると、小冊子で伝えるべきことがハッキリ見てきます。

そして、「よし、この目次案でいこう!」と強い意欲が湧いてくる素晴らしい目次案を完成させることができるのです。

 

◆仕事の流れ

  1. 「あなたが小冊子で何を伝えたいのか?」を私ども小冊子制作アドバイザーが電話取材します。(約1時間)
  2. 小冊子制作アドバイザーが目次案のたたき台をつくります。そして、お客様にEメールで送ります。あなたの方でもさらに改善して、小冊子制作アドバイザーへ送り返してください。
  3. あなたが修正した目次案を元に2回目の電話取材を行います。そして、小冊子制作アドバイザーがあなたの目次案を改善してEメールで送ります。
  4. あなたが確認修正して目次案の完成となります。
  5. 必要ならもう一往復して目次案を完成させます。

 

◆ご注文とお支払い方法

  1. 注文方法
    下記の「お申し込みはこちら」をクリックすると、申し込み画面に進みます。必要事項を記入し、申し込み手続きを完了させてください。入金確認後、こちらから連絡いたします。
  2. お支払い方法
    クレジット払い、または、銀行振込のいずれかをお選びください。

お問い合わせ電話 087-891-0170【受付:平日9時ー18時】

E-mail : info@artinsatsu.com

<小冊子の執筆コーチ その2>

1人では書けない。コーチがいたら書いていけるのに……

ならば、私どもが

・目次案を一緒につくります。

・小冊子の本文執筆が進むように、お尻叩きメールを発信します(最長3カ月)

・あなたが書いた原稿を1章単位で読んで改善点をアドバイスします。

「小冊子の目次案が完成した。よし、本文の執筆に入るぞ!必ず書き上げるぞ!」と決意。

ところが、目先の仕事を優先してしまう日々が続いて、何も書かずに1カ月が経過……。
3ページだけ書いて2カ月が経過……。
結局、1年経っても5ページしか書いていない。

 


そんなあなたには、
「〇月〇日まで第1章を書き上げてください」

「予定日が近づいています。第1章の執筆は順調ですか」と、

お尻を叩いてくれる鬼コーチが必要です。

 

お尻を叩いてくれるから執筆が進む!

私ども鬼コーチが、あなたの様子を見ながら、1週間に1度のペースでお尻叩きのEメールを送信していきます。たとえば、

・7月1日に「では第3章の執筆に入ってください。そして、10日後の月曜日までに第3章の原稿を書いて私どもへ送ってください」とメール送信します。

・そして7月7日ぐらいに「第3章の執筆は順調ですか?」などの激励Eメールを送信します。

 

時には、「今週は超多忙で書けませんでした。締め切り日を1週間延ばして7月18日にします」と、約束の期日を守れないこともあると思います。ですが、「7月18日までに第3章を書き上げる」という新しい目標設定をしたことで、通常業務に追われる中でも小冊子の執筆を進めていけるのです。

あなたの小冊子原稿を読んで、

改善点をアドバイスします。
あなたが第1章を書き終えると、その原稿を小冊子制作アドバイザーへ送信してください。拝読して感想や改善点をお伝えします。

この要領で、第2章の執筆→拝読/改善アドバイス、この後も、第3章、第4章、第5章、はじめに・おわりに、著者プロフィール、表紙タイトル案づくりまで執筆→拝読/改善アドバイスを繰り返して、すべての小冊子原稿を書き上げてもらいます。

◆仕事の流れ

  1. 「目次案をつくるコーチ」と同じ流れであなたの小冊子の目次案を完成させます。
  2. 目次案が完成すると、コーチとあなたが相談して原稿執筆のスケジュールを立てます。さらに、コーチから執筆アドバイスをもらいます。通常2カ月〜3カ月で書き上げるスケジュールを立てます。
  3. 鬼コーチからあなたに「1週間後の●月●日までに第1章を書き上げて、そのWORD原稿をこちらへEメール送信してください」という指示が入ると、あなたが本文の執筆に着手します。
  4. あなたが書き上げた第1章のWORD原稿をコーチへ送信すると、コーチが原稿を読んで改善点をアドバイスします。
  5. あなたが、コーチのアドバイスを参考にして第1章を改善し終えると、次の第2章の執筆に入ります。そして、コーチと約束した期日までに第2章を書き上げて、第2章のWORD原稿をコーチへEメール送信します。
  6. あなたが第2章のWORD原稿をコーチ送信すると、コーチが原稿を読んで改善点をアドバイスします。
  7. このような流れで、第1章、第2章、第3章、第4章、第5章、はじめに、おわりに、表紙の文字原稿、著者プロフィールの原稿を書き上げていきます。
  8. 約3カ月後には待望の小冊子が完成し、新しい集客・営業方法をスタートできます。

※お尻叩きのEメール配信期間は最長で4カ月とします。

※小冊子制作アドバイザーは、鬼コーチ・アドバイス役です。執筆は行いません。

※本サービスを受けながら小冊子原稿を書き上げると、5割のお客様がそのまま小冊子印刷へと進んでいます。そして、残り5割のお客様がライターによる添削サービスを受けてから小冊子印刷へと進んでいます。(3~8万円程度)


◆ご注文とお支払い方法

  1. 注文方法
    下記の「お申し込みはこちら」をクリックすると、申し込み画面に進みます。必要事項を記入し、申し込み手続きを完了させてください。入金確認後、こちらから連絡いたします。
  2. お支払い方法
    クレジット払い、または、銀行振込のいずれかをお選びください。

お問い合わせ電話 087-891-0170【受付:平日9時ー18時】

E-mail : info@artinsatsu.com