面倒申請手続き
専門コンサルタントサポートします

小規模事業者持続化補助金の交付を受けるには審査を2回通過する必要があります。


売上UP・営業力UPを実現するために補助金をどのように活用するのかを立案して補助金事務局へ提示します。


経営計画書の中で立案した計画をきちんと遂行できたかどうかを補助金事務局へ報告します。



ですから、たとえどんなに経営計画書の内容が良くても、実際にその計画をきちんと遂行できなければ補助金は支払われない、または減額されてしまうことになります。

 

コンサルタントのサポートを受けるメリットは、手続きの煩わしさから解放されることもありますが、客観的な視点で御社の現状を分析して、どのように集客用小冊子を活用すれば売上UP・営業力UPにつながるのか提案できることです。

— ◆ — ◆ — ◆ —

「小冊子に興味はあるけど、

 具体的に自社の集客にどう活用すればよいのか分からない」

 

「小冊子をつくりたいけど、

 取り上げるテーマが決まらないから

 原稿づくりもなかなか進まない」

という方におススメです。




<仕事の流れ>

  1. 「補助金の申請手続きのサポート希望」という旨の電話またはEメールでご連絡ください。
    電話087-891-0170 E-mail : info@artinsatsu.com
  2. 契約書(申込書)をお送りしますので、内容をご確認下さい。
  3. 「正式に依頼したい」ということでしたら、補助金申請手続き代行費用¥35,000+税=¥38,500を弊社指定口座にお振込みください。
    【指定口座】
    三菱UFJ銀行高松中央支店 普通 0597795
    百十四銀行県庁支店 普通 0064129
    ジャパンネット銀行本店営業部 普通 001-7219737
  4. 入金を確認後、申請書類作成のための質問シートをお送りします。分かる範囲で結構ですので記入してご返送下さい。
  5. 記入いただいた質問シートをもとにお客様と意見交換を行いながら、専門家が申請書を完成させます。
  6. 申請書類が完成すれば、お客様へデータ送信します。
  7. 届いたデータは、お客様ご自身でプリントアウトし、地元の商工会議所(または商工会)へ持参して、受付窓口で内容をチェックしてもらってください。
  8. 商工会からの指示に従って、手続きを完了させてください。
  9. 手続き完了後、申請書類は東京に送られ、内容が審査されます。審査を通れば、次のステップ(小冊子の作成)に進みます。

※万一、審査に落ちた場合も、補助金申請手続き代行費用の返金には応じかねますので何卒ご了承ください。