告知活動はナシ。しかも著者は無名。それでも電子書籍のダウンロード数、約1200件。0円キンドルの実力報告

〜あなたの電子書籍が見込客をしっかり集める〜

広告はほとんど行わずに、

0円電子書籍を実験してみました。

アート印刷の小冊子「ライターの使い方とWORD編集 入門講座」を電子書籍化して、Kindle出版したのが昨年の4月。

この電子書籍の広告といえば、自社ホームページでの告知だけ。しかも、著者は弊社の社員、全くの無名です。

さて、この悪い条件で何人の方がダウンロードしてくれたでしょうか? 

私たちは1年半に渡ってこの条件でテストを行ってみました。

その結果、

2015年4月からの18カ月間で1080人の方が購入(ダウンロード)してくれました。

あなたはこの1080人という数字をどう思いますか?


ライターの使い方とWORD編集入門講座

★「0円電子書籍」
広告なしで1200件のダウウンロード

原稿執筆100点満点ガイドブック
★「新・0円電子書籍」
近日発行予定


紙の小冊子の約2倍の見込み客が

0円Kindleを読んでくれました。

アート印刷の紙の集客用小冊子の資料請求者数は、同じ期間で約500件でしたから、0円電子書籍はおよそ2倍の件数になります。

もしも、あなたのビジネスが全国を商圏としているのなら、紙の集客用小冊子に加えて電子書籍版もお勧めします。

紙媒体の集客用小冊子は、

来店・来院してくれたお客様に渡す。

面談・カウセリング時に渡す。

小冊子を営業カバンに入れておいて、名刺と一緒に手渡す。

一方、Kindle(電子媒体)小冊子は、

自社サイトやSNSで告知して、Amazonからダウンロードしてもらう。

このように、紙と電子の小冊子を上手く使い分けることで、

より効率的に集客できるのです。


電子書籍のコスト面でのメリット

1.電子書籍なら小冊子請求者への
  発送作業や発送コストが不要です。

2.電子書籍で出版すれば、
  内容を更新しながら半永久的に出版可能です。

・在庫は無限なので増刷の必要がありません。

・出版後に修正・変更・加筆が発生しても修正作業は簡単。

3.廃版になった出版本の再出版
  電子書籍なら低コストで可能です。


全国が商圏となるコンサルタント業

士業の方に電子書籍をお勧めします!

全国を商圏にしているコンサルタントや士業の方には、電子書籍を強くお勧めします。

日本での電子書籍普及率はまだアメリカほどではありませんが、それでも全国を相手にビジネスを展開している方には電子書籍は強力な営業・集客ツールになります。


見込み客リストを獲得する仕掛け

最近は少なくなりましたが、書店でビジネス書を購入すると、「無料レポートプレゼント」というハガキが挟み込まれているのをご覧になったことがあると思います。

これは見込み客リストを集めるための仕掛けです。

電子書籍でも同じように、「××××に関する特別レポートはこちら」というリンクを本文中に張ってホームページへ誘導。見込み客のリストを獲得することができます。

また、Youtubeへのリンクも簡単にできます。


20〜30万円で、
紙と電子、両方の小冊子を作成します。

アート印刷株式会社は香川県三木町にある印刷会社です。地元のお客様と県外のお客様の比率は約5対5。どちらも大切なお客様です。ですから、紙の小冊子と電子書籍の2つの集客・営業ツールを使っています

さて、この2つのツールを一度につくるとしたらどれぐらいの費用になるのでしょうか?

ここで、その一例を紹介させていただきます。

★事例その1

A5 60Pの紙の集客用小冊子300冊 と 電子書籍(Kindle)の作成で約21万円(税別)

★事例その2

事例その1の電子書籍を0円電子書籍に設定する場合は 3万円高くなって、約24万円(税別)

★事例その3

事例1の条件に、『オプション:ライターによる本文添削修正』を加えると、約27万円(税別)


まずは、「電子書籍を検討したい!」と

ご相談ください。

電子書籍版の集客用小冊子をお考えの方は、下記のフォームから「電子書籍を検討したい!」とご相談ください。

お電話でのお問い合わせ…アート印刷株式会社 087-891-0170

Eメールでのお問い合わせ…info@artinsatsu.com


電子書籍を検討したい方は、こちらのフォームからお問い合わせください。
アマゾンの電子書籍キンドル出版代行サービススタート